素人でもパッチケーブルを高速で素速く自作する方法

「高速で」と「素速く」の意味がかぶっているのでは?と思った皆さんこんにちは。id:kazuhi_raです。
今回の記事は面白いかどうかは一切関係無く、パッチケーブルを高速で素速くかつコスパ良く作る方法を、高速で素速くかつコスパ良く伝えられたら成功です。
この記事を読んで一本500円でつくる境地にたどり着きましょう!行くぞー!いけー!!!

用意するもの

  • 単芯のパッチ用ケーブル
  • ソルダーレス用のフォンコネクター
  • はさみかニッパー
  • マイナスドライバー
  • テスター

素人に「半田付け」は難しいし危ない。半田付けのいらないソルダーレスのキットは高い。なのでパーツを別々で買いましょう!
f:id:kazuhi_ra:20180906192328j:plain

単芯のパッチ用ケーブル

僕はこちらを使っています。

1/4の値段のCLASSIC PRO製の物がありますが、ここはケチってはいけないので定番のBELDEN製を選びます。パッチケーブル用で1、2mしか買わないのでそんなに値段も変わりませんしね。
ちなみにCUSTOM AUDIO JAPA製のこちらはソルダーレスに向いていないのか、何度やっても上手くいかなかったので避けたほうがよさそうです。

ソルダーレス用のフォンコネクター

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / SOL12 ソルダーレスケーブル

ケチるなと言ったばかりですがこちらがオススメです。というかこれ以外を選ぶと一個200円→600円以上の世界になり、フォンコネクターはパッチケーブル一個につき2つ使うので費用が大変な事になります。IとL両方あるのでボードの形に合わせて変えて行きましょう。

はさみかニッパー

ケーブルを切り分けるのに使います。切れればカッターや包丁でも問題無いです。

マイナスドライバー

ソルダーレス用のフォンコネクターのマイナスねじを緩めたり閉めたりするのに使うドライバーです。

テスター

必ず用意してください。作ったケーブルが問題なく使えるかを確認します。
f:id:kazuhi_ra:20180907022919j:plain

手順

これ観ましょう。

テスターで確認する

これがめっちゃ便利そう。挿すだけで通電チェックできて850円!

自分は普通のテスターを持っているのでそれを使っています。

チェック方法

f:id:kazuhi_ra:20180909165503j:plain
↑先っぽ同士で通電してたらOK
f:id:kazuhi_ra:20180909165509j:plain
↑先っぽと黒線より下側で通電していなければOK
f:id:kazuhi_ra:20180909173952j:plain
↑黒線より下側同士で通電していればOK


以上!!!!!